薬用アットベリーに入っている保湿や美白成分とは?

薬用アットベリーの成分を徹底分析した結果

薬用アットベリーにはたくさんの成分が入っているので、二の腕のブツブツや肌にできてしまった黒ずみをしっかりと無くしてくれます。薬用アットベリーは新しい発想のオールインワンゲルなので、毎日利用者が増えています。では、実際にどのような成分が入っているのでしょうか。薬用アットベリーには、肌の黒ずみを無くすための成分だけでなく、肌が本来持っている透明感を引き出すための効果があります。つまり、美白効果が非常に強いということですが、例えばグリチルリチン酸二カリウムという成分が入っています。グリチルリチン酸二カリウムというのは、実は漢方薬でもたくさん使われているのですが、炎症してしまった肌をしっかりと沈静化する効果があるので、多くのニキビ用化粧品やクリームに入っています。また、肌のキメを整えることができるので、トラブルがない正常な状態の肌にすることができます。また、甘草フラボノイドも入っているのですが、これは古くから薬用植物として使用されてきました。美白効果がとても高く、なんと美白成分で有名なビタミンCよりもずっと多くの美白効果があります。メラニン色素を抑制する作用があるので、肌を一気に白くしてくれます。

薬用アットベリーには保湿成分も入っている

薬用アットベリーには美白成分だけでなく、保湿成分もしっかりと入っています。例えば、プラセンタが入っているのですが、プラセンタというのは美容成分として最近話題になっているのですが、これは肌の新陳代謝を活性化させ、肌に潤いを与えさらに美白効果も期待できます。保水効果が高いので、適度に肌に潤いを与えることができ、さらに肌が本来持っているバリア機能を見事に引き出してくれます。また、薬用アットベリーには他にも漢方の素材となる成分も入っていますし、さらにトウキエキスも入っているので、血行促進や抗炎症作用、そして保湿効果などが期待できます。また、エイジツエキスは皮膚細胞を活性化させることができますし、さらに保湿効果もあるので肌が蘇るようになります。肌を刺激から守ってくれますので、保湿というのはとても大事なことなのですが、薬用アットベリーには肌を保湿するための成分がたくさん入っているので乾燥肌の方にとっても非常にお勧めのクリームです。肌に潤いを与えつつさらに黒ずみを解消できるクリームというのは、薬用アットベリー以外にはまず見当たらないといっても過言ではないでしょう。

薬用アットベリーに入っている保湿成分の詳細とは?

実は保湿というのはスキンケアの基本なので、黒ずみ解消クリームには必ずといっていいほど入っています。では、実際に薬用アットベリーにはどのような保湿成分が入っているのでしょうか。先ほど紹介した成分に加えて、さらにセラミドも入っています。セラミドというのは、肌の健康や美しさをキープするためには必要な成分だと言われています。細胞の保水力をしっかりとアップさせることができるので、肌を外部の刺激や最近から守ることができます。さらに、メラニンの発生を抑えることができるので、メラニン色素による色素沈着を防ぐことができます。また、他にも美肌成分として有名なヒアルロン酸も入っているので、ぷるぷるした肌作りに非常に役立ちます。肌の細胞が水分を抱え込む力をアップさせることができるので、肌をまるで赤ちゃんのようにぷるぷるさせることができます。肌は潤いがなくなるとシワやたるみができてしまうのですが、その原因をしっかりと無くすことができます。また、他にもトレハロースやアラントイン、そしてエラスチンなど様々な成分がふんだんに入っているので、肌の保護には非常に役立ちます。